フリード

ホンダ・フリードのフルモデルチェンジ予想と情報!時期や機能は!?


こちらの記事ではホンダのミニバン・フリードの
フルモデルチェンジに関する予想をまとめました。
発売時期や搭載されるであろう新機能など、フリード好きに
とってはワクワクする内容ですよね。

さらに数年に一度のフルモデルチェンジだからこそ、
見た目もグッと変更するかもしれないメーカーの
決断も実に見ものです。

フルモデルチェンジ後に新型フリードを購入しようと
考えている方や、逆に旧型となったばかりの大幅値引きを
狙っている方など時期や機能などの情報収集にお役立て
頂けたら幸いです。


情報に関しては公式サイトから抜粋したり、
実際にアンケートを応募してしたりしています。
「みんカラ」や「価格.com」などから有用な情報を
引用してまとめています。


Sponserd Links

ホンダ・フリードのフルモデルチェンジ情報


[random_freed_jpg]
フリードも過去の歴史においてフルモデルチェンジを
経ています。

一般的にフルモデルチェンジは一定の周期に沿って、
発表・発売されます。
ここではミニバン・フリードの今までのフルモデルチェンジの
情報をまとめていきます。

次のタイミングを計る目安にもなりますので、
前回のフルモデルチェンジの年を押さえておきましょう。

2016年フルモデルチェンジ


それではフリードの2016年9月に実施された
フルモデルチェンジの内容をみてみましょう。
大きな変更内容をピックアップしてまとめています。


型番


2016年のフルモデルチェンジにて、型番が「GB5/6/7/8型」となっています。


車体


リアサスペンションを高剛性化し、液封コンプライアンスブッシュの採用によって剛性や乗り心地を向上しています。
エクステリア造形の調整やタイヤ周り・ボディー底面の流れを整流したことで、ミニバントップクラスの空力性能を達成しています。

1~3列目のヒップポイント間距離を初代モデルから90mm大にしています。
また、6人乗り仕様はキャプテンシートのスライド量を120mm拡大して360mmとしています。

それに加えてウォークスルー幅も1列目で50mm、2列目で25mm拡大しています。

スライドドア開口幅も初代モデルと比較して20mm拡大して665mmとするほか、ステップ高を15mm下げて390mmとしています。


エンジン・パワートレイン


パワートレインはガソリン車・ハイブリッド車共に新型を採用しています。
ガソリン車は「L15B型」、ハイブリッド車は「LEB型」。

ハイブリッド車には1モーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載した「SPORT HYBRID i-DCD」を採用することによって燃費を向上しています。



これらの変更により、ハイブリッド車は「平成32年度燃費基準+20%」、ガソリン2WD車は「平成32年度燃費基準」、
ガソリン4WD車は「平成27年度燃費基準+10%」をそれぞれ達成しています。


外装・エクステリア


フロントウインドウを特徴的なデザインにすることでドライバーの見上げ角を向上して視界を拡大したほか、
フロントコーナーウインドウを大きく、フロントピラーを細くしたことで斜め前方視界も向上。



リアクォーターパネルにおいてスライドレールカバーの分割線を目立たなくしています。
また、ナンバープレートを装着する位置が下部ガーニッシュ内からテールゲート中央へ変更された。

テールゲートにおいて超低床フロアに対応した見切りラインを成立する下端処理を施しています。


内装


内装は、メーターを薄型化して遠方に配置することによってメーターへの視線移動を少なくし、前方の運転視界を向上しています。

エアコンコントロール部と連動したメーター照明色を6色から選択可能としています。
また、エアコンコントロール照明部には温度を上げるとレッドに、温度を下げるとブルーに変化する光のアンサーバック機能を採用しています。

シートファブリックを立体的に見せるブロック柄を採用。
また、パネルをメタル調、内装色をブラックのモノトーン基調としています。


安全面機能


Honda SENSING

安全面機能(セーフティ機能)としまして、安全運転支援システム「Honda SENSING」を新たに採用し、
一部タイプに標準装備又はメーカーオプション設定しています。


追加カラー


青系の「ブルーホライゾン・メタリック」、黄系の「シトロンドロップ」の2色の新色を追加され、計9色を設定しています。


グレードの変更


グレードの追加・変更に関しましては、フリードスパイク(ならびにフリードFLEX)の後継として2列シート車の「フリード+」が新たに設けられました。
「フリード+」はゲートパネルを開口面積の広い専用品に換えたことで、荷室の開口部地上高をフリードスパイクよりも185mm低くしてFF車は335mmの超低床化を実現しています。
また、6:4分割のダブルフォールダウン機構の採用することによってフルフラット化を実現しています。
軽量・高強度のユーティリティボードを用いてシートアレンジをすることによって、セミダブルサイズのマットレスを敷くことができるフルフラットスペースとなり、フラットスペース下を床下収納として使用するなど、車中泊に対応した仕様となった。


その他


その他の変更点としましては、バック音が「キンコン、キンコン」から「ピンポン、ピンポン」という音に変更。
福祉車両におきまして、2段ヒンジ式スロープを備えた車いす仕様車を設定しています。

そして、排気量1.0L~1.5Lの5ナンバークラスのコンパクトミニバンで初となるハイブリッド4WD車を追加しています。

などなど2016年のフルモデルチェンジではこれらの
変更が実施されています。


以下に、簡単に一覧表にしてまとめておきますね。

2018年の主なフルモデルチェンジ内容
型番 GB5/6/7/8型
車体 ・リアサスペンションを高剛性化
・液封コンプライアンスブッシュスブッシュの採用
・キャプテンシートのスライド量
・ウォークスルー幅の変更
・スライドドア開口幅
・ステップ高の変更
エンジン ・ガソリン車は「L15B型」、ハイブリッド車は「LEB型」
・ハイブリッド車に「SPORT HYBRID i-DCD」を採用
外装 ・フロントウインドウ
・テールゲートの一部変更
内装 ・メーターを薄型化
・エアコンコントロール部のカラー変更
・シートファブリックにブロック柄を採用
・パネルをメタル調、内装色をブラックのモノトーン基調
セーフティ ・安全運転支援システム「Honda SENSING」を新たに採用
追加カラー ・ブルーホライゾン・メタリック、シトロンドロップを追加し計9色に
グレード ・2列シート車の「フリード+」
その他 ・バック音の変更
・ハイブリッド4WD車を追加


Sponserd Links

ホンダ・フリードのフルモデルチェンジ内容予想


[random_freed_jpg]
時代の進歩と共に様々な機能が新車に搭載されていきます。

昨今の注目される機能だと安全面の強化や運転補助技術が
上げられると思います。

フリードも同様に、フルモデルチェンジのタイミングで
いったいどのような新機能が搭載されるのかの内容を
予想してみました。

もしあなたがフリードの購入を考えているのでしたら、
あなたにとってその機能が必要かどうかを検討し
フルモデルチェンジ後の新型にするか、あえて旧型に
するかの参考にしてください。


フルモデルチェンジ内容


フリードは初のフルモデルチェンジの際に
車体からパワートレイン、外装から内装、
ボディカラーからセーフティ機能まで
あらゆる個所に関して変更を加えています。

やっぱりフリードはミニバンでも人気車種
であり売れ筋商品のためホンダの力の入れようも
凄いものだと感じました。


そう考えると、次のフルモデルチェンジの際も
かなりの部分において変更がなされることが
考えられます。

今はまだ時期が早いため、次の仏モデルチェンジで
どのような機能が追加されるのかの予想は
まだ車雑誌やネットなどでもされていませんでした。

ここではフリードのフルモデルチェンジに関する
情報が入り次第、追記していきたいと思います。

フリードのフルモデルチェンジを楽しみにして
おられる方はちょっと待っていてくださいね。



Sponserd Links

ホンダ・フリードのフルモデルチェンジ時期予想


[random_freed_jpg]
上記にて、フリードのフルモデルチェンジの歴史を
まとめました。

そこから考慮しますと、次のフルモデルチェンジの時期が
だいたい予想できますよね。

一般的に車を買い替える時期というのは今乗っている車の
車検切れのタイミングに合わせる方が大勢おられます。

今回のフリードのフルモデルチェンジの予想時期を参考に
車検をするかしないかの判断材料の一つとしてみては
ください。


このようにフリードは2016年にフルモデルチェンジを
実施しています。
2008年に発売開始より、実に8年の歳月をかけての
フルモデルチェンジをとなりました。

まだ1回目のフルモデルチェンジのため、そのサイクルは
なかなか測りにくいところではあります。

ただ、この8年の間におきましては下記のように
2010年・2011年・2014年にそれぞれマイナーチェンジが
実施されています。


何度かのマイナーチェンジを経ることを考えますと
次のフルモデルチェンジは2024年前後に実施される
可能性が高いと考えられます。

その際にどれだけの機能が新たに追加されるのか
エンジンなどの進化で燃費が良くなるのか・・・

考えるだけでワクワクしてきますよね!

フルモデルチェンジのタイミングで購入をお考えの方は
2024年頃を目途にスケジュールを立ててみては
いかがでしょうか。

⇒あなたが欲しい車を値引き金額から更に〇万円安く購入する方法とは?


Sponserd Links

ホンダ・フリードのフルモデルチェンジ情報と予想、時期まとめ


[random_matome_jpg]
今回はホンダのミニバン・フリードのフルモデルチェンジに
ついての情報や機能予想、時期予想についてお届けしました。

みんな大好きフルモデルチェンジ。
メーカーにとっては他社と差を付ける戦いでもあります。

メーカーが社運を背負って開発を進めたフリードの
フルモデルチェンジはフリードの購入をお考えになっている方
にとってはとても魅力的な内容になることでしょう。

フリードのご購入を検討中の方はフルモデルチェンジ後の
新型・フリードを選ぶか旧型となった現行を選ぶのか
よくご検討してみてくださいね。

でもやっぱり新機能搭載の新型は魅力的です!


フルモデルチェンジの情報を雑誌やネットで見ているととてもワクワクします。
より安全に、より快適に運転できる機能が発達すると良いですよね!

ABOUT ME
トミー
トミー
車大好きトミーです。 車って運転するのも見るのも楽しいですよね! 趣味を通じて多くの方に良い情報をお届けしたいと思います。

関連記事