セレナ

日産・セレナの試乗評価、試乗した人の口コミ評判を紹介!


こちらの記事では日産のミニバン・セレナの試乗評価、
試乗した人の口コミ評判や試乗レポート、
試乗のポイントなどをまとめました。

やっぱりセレナを購入しようとした際、
一度は試乗をしてみることが多いですよね。

でも何となくの気持ちで試乗するだけでは、
なかなか欠点には気付かないものです。

そこで今回はセレナのオーナーさんや実際に試乗を
した方の試乗評価、市場レポートや市場のポイントを
お届けします。

試乗に行こうとお考えの方は、ミニバンならではの
乗り心地や足回りなど、どこに着目すればよいかの
ご参考にしてください。


情報に関しては公式サイトから抜粋したり、
実際にアンケートを応募してしたりしています。
「みんカラ」や「価格.com」などから有用な情報を
引用してまとめています。


Sponserd Links

日産・セレナの試乗レポート


[random_serena_jpg]
それでは、こちらでは日産・セレナの試乗レポートを
まとめていきます。

ミニバンにも色々と種類がありますが
セレナの乗り心地や運転のしやすさ、
目線の高さなど実際に試乗をした方の生の声をお届けします。

「ちょっと時間がなくて試乗に行けない」といった方や
これから試乗に行こうとお考えの方はご参考にしてください。


日産・セレナ、e-powerに試乗してみました。
もともと、日産・リーフやノート、e-powerに興味を持っていたので、セレナ、e-powerには試乗してみたいと思っていました。

試乗はいつもお世話になっているディーラーです。
これまた、いつもお世話になっている営業の方が助手席に乗って、試乗のスタートです。
と、言いたいところですが、e-power、エンジンをかける必要はなく、どうやってスタートさせたらいいのかわかりませんでした。
最新すぎて逆に分からなかったです(笑

すると、助手席から、ひと声「ブレーキを踏んで、start/stopの青いボタンを押してください」とのこと。
確かに、目の前のモニターにもそう書いてありました。
最初からモニターを見ていれば良かったかな。

教えてもらった通りに、青いpowerボタンを押すと、目の前のモニターに運転席と助手席の間のモニターに、画面が出てきます。
もちろん、運転席と助手席の間は、カーナビなのですが、目の前のモニターは、最初はスピードと残りの走行距離の予測画面が出ました。

その後、営業さんが、画面を変更し、エンジンの稼働状況などを示す画面になりました。
昔、トヨタ・プリウスに乗ったことがあったのですが、その時にもあった、電気の動きが見える画面です。
そうこうしているうちに、普通の車と同じようにエンジンがかかりました。
そんなこんなでやっと、車はスタートです!


日産,セレナ
日産,セレナ
少し走り始めると、それまで着いていたテレビの音量を急にOFFにする、助手席の営業さん。
え?何?と思うと、一言、「静かでしょう?」と一言。

気が付くと、確かにエンジンの音はせず、モーターの比較的高い音のみで、振動もいつもより少なめ。
さすが、ベテランの営業さん、ツボを押さえています。

前方の信号が変わり、こちらも減速の必要があります。
普通にブレーキを踏んで減速。
ちなみに、ブレーキを踏んでいないと停止していた車が動き出すクリープもあります。
ここまでは、今までの車と全く変わりはありません。
少し、静かなくらいが違いというところです。

ここで疑問が「あれ、e-powerはワンペダルでの操作ができたはずでは?」と思っていると、すかさず、営業さんが信号待ちのタイミングで一言。
ハンドルの右側にある「Drive Mode」を変えてみてください。
言われた通りに操作すると、今までの「ノーマルモード」から、「ecoモード」に変わりました。なるほどこれでecoモードに切り替えられるんですね。

そして信号も変わりスタートします。
この時は、これまでと全く同じ感覚でスタートです。
少しすると、再度、信号に引っ掛かりを感じます。
ここで、また営業さんが一言「ブレーキを踏まないでも止まりますよ」
そうです、この時に初めてワンペダルを経験しました。
おっかなびっくりアクセルから足を外すと、車が減速します。
結構な減速で、思わず停止線の2m程手前で止まってしまいました。
でも、止まることにびっくり。
何度か試しましたが、なかなか停止線でぴたりと止めることはできず・・・
これは、運転に慣れるまで時間がかかるかな?とちょっと不安になってしまいました。
まぁ、実際は何度か乗ると慣れるんでしょうけどね。


Sponserd Links

日産・セレナの試乗評価は?


[random_drive_jpg]
こちらでは、日産・セレナの試乗評価をまとめていきます。

一般的にミニバンは車高が高く、そのため目線も高くて
とても視野が広く感じられますよね。
一方、車体が大きいことから車種によっては小回りが
苦手だったりします。


そこで実際、セレナがどのような試乗評価をされているのか
良い評価や悪いところなどをお届けします。

果たして、実際に試乗した方はどのような試乗評価を
しているのでしょうか。


そんな感じで、試乗を終えて出発したディーラーに戻ってきました。
こっそりと、燃費のグラフを見ていたのですが、最初のノーマルモードでは8~9km/Lくらいです。
これでは、普通のミニバンと変わりません。
そして、ecoモードの時には、11km/Lくらい。燃費は相当行くのかと期待していたのに、ちょっとがっかりする数値でした。

試乗しての感想は、まず、音は確かに静か。エンジンの音がないと、こっれほど静かかと思いました。

そして、乗り心地ですが、これもエンジンの振動がないことで乗り心地はかなりいいと思いました。
自動車のエンジンの低周波数の音って結構響くし不快なのですが、
e-powerの場合、回転数は仕事率の高い、比較的高い周波数での運転が基本です。
そのため気になる低周波数の音がほとんどなく、これが乗り心地に効いていると思われます。

それから気になっていたワンペダル走行。
これについては乗ってみて実際に扱ってみると結構びっくりしました。
アクセルから脚を話すだけでブレーキがかかります。

昔に乗っていたマニュアル車のエンジンブレーキのような減速感が得られます。
もちろん緊急のブレーキには今まで通りのブレーキペダルを使います。
例の営業さんが言うには、やはりお客さんは皆さん、最初はecoモードはちょっと怖いかもと言うそうですが、
1か月点検の際にはecoモードが楽になっている、とのことです。
やはり運転が楽なんでしょう。

そして話は戻って燃費についてです。
実は新しいe-powerのセレナなら試乗時の11km/Lよりもっと出るのでは、と期待していました。
営業さんが言うには満タンで600km~700kmは走る、とのことです。

セレナ・e-powerのフルタンクは44Lなので、仮に全燃料を使ったとしても13.6km/L~15.9km/Lの燃費が出るはず。
この日はちょっと調子が出なかったのかもしれません。
実は私が試乗したのは夏。

かなり暑い時で、試乗車はエアコンをガンガン効かせた状態で乗っていました。
あとから考えるとこれが燃費に対して悪い影響を及ぼしたかもしれません。
実際、モニターに出ていたフルタンクの走行距離は走行済み300kmくらい、残りの燃料で走れる距離350kmくらい、となっていました。
ちなみに、この残りの燃料で走れる距離が予測値でも出てくれるのは高速道路の走行時などは助かりますね。


Sponserd Links

日産・セレナの試乗のポイントをチェック!


[random_serena_jpg]
最後にセレナの試乗する際の、試乗のポイントをご説明します。

先にも述べましたように、先にどこに着目しておくかを
知っておくことで試乗した際の注意点や気になるポイントを
確認することができます。

人気のミニバンだからこそ、前知識として試乗のポイントを
押さえておいて、セレナを試乗しに行くことをオススメします。

ここまで日産・セレナを試乗したレポートを書いてきましたが、
ほかに試乗した人達の口コミを見るといくつかのトピックスに分かれているようです。

まず燃費については、やはり総じていいという意見でした。
エアコンを使用すると悪くなる、という意見もありました。
これは私が試乗した時と同じでしょう。
それでもあの車体で15~16km/L出る、ということ自体がやっぱりすごいことなのでしょう。

それから、ドライブモードについての口コミも多くありました。
私もワンペダルに初めて乗ってびっくりしたのですが、そのアクセルワークがやはり奥が深い、という意見がありました。
運転が楽になったという意見のほかに、運転者ではなく同乗者が酔いやすい、といった意見も見られました。

それから、プロパイロットに関する口コミもいくつか。
高速道路ででは効果抜群という意見もありましたが、天気が悪くなると使えなかったという意見もありました。
私の試乗時にはこの機能は使っていないので何とも言えませんが、
例の営業さん曰く自動運転を期待すると危ない、というコメントがありました。
特に高速の出口が怖かったと言っていました。

最後にまたまた私の試乗評価に戻りますが、やっぱりガソリン価格が高くなっている今日この頃ですから、
試乗の際の燃費がグーンとよくなっていると購入に対して背中を押してくれるような気がします。

ただ、内装は今までの車とはちょっと違った近未来的なイメージですし、
モニターが並んだ運転席はちょっと飛行機(とはいっても運転席に乗ったことはありませんが)のような気がしますね。
エクステリア、インテリアともに、だいぶかっこよくなった日産セレナでした。

トータル的に考えて、燃費もこの車体では満足ですし、乗り心地や内装、外装も私的には十分に満足のいくものだと言えます。

まぁ、欲を言えば車体総額がもうちょっとお安ければもっと満足なんですけどね(笑)

⇒あなたが欲しい車を値引き金額から更に〇万円安く購入する方法とは?


Sponserd Links

日産・セレナの試乗レポート・評価、試乗のポイントまとめ


[random_matome_jpg]
今回は日産のミニバン・セレナの試乗レポートや試乗評価の紹介と
試乗のポイントをお届けしました。

試乗するときって本当にドキドキしますよね。
でも、そのワクワク感だけで終わらさずに
ちゃんとチェックするべき試乗のポイントを押さえて
おくようにしましょう。

もちろん、ご家族と一緒にセレナに試乗して、
あなた以外の方の意見も聞くようにしてくださいね。

これから長い間を共に過ごすことになる愛車です。


セレナのご購入を検討中の方は、今回のまとめました
情報を参考にしてよくお考えください。


皆さんの試乗レポートとあなた自身の試乗を合わせて、
購入するかどうかをお考えください。
乗り心地と運転のしやすさは是非とも試乗してチェックを!

ABOUT ME
トミー
トミー
車大好きトミーです。 車って運転するのも見るのも楽しいですよね! 趣味を通じて多くの方に良い情報をお届けしたいと思います。

関連記事