セレナ

日産・セレナの燃費は?実燃費と燃費向上方法をズバリ伝授!


こちらの記事では日産のミニバン・セレナの
カタログ上の公表燃費と街乗りや遠出をした際の実燃費、
燃費向上をする方法などの情報をまとめました。

車ってカタログ上の燃費と実燃費に違いがあるのが
実際のところ当たり前ですよね。

でも車種によってはかなり大きな開きがあったりして、
不満の元にもなったりすることもあります。

そこで今回はシーン別の実燃費や、
燃費向上をする方法などをお届けします。

燃費は維持費にも関わる部分となりますので、
日産・セレナのご購入を考えている方は
是非ともご参考にしてください。

情報に関しては公式サイトから抜粋したり、
実際にアンケートを応募してしたりしています。
「みんカラ」や「価格.com」などから有用な情報を
引用してまとめています。


Sponserd Links

日産・セレナのカタログ上の燃費は?


[random_serena_jpg]
それでは、こちらでは日産・セレナのカタログ上の
燃費をまとめていきます。

ミニバンはやっぱり車体が大きいので
コンパクトカーと比べて燃費は決して
良い方とは言えないですよね。

でも、燃費は各メーカーが特に力を入れている部分となります。

メーカーの努力の結晶である燃費の向上は、
車両の販売台数にも影響します。

こちらではセレナのカタログ上の燃費を元に、
維持費の目安として参考にしてください。

日産・セレナのカタログ上の燃費を調べてみました。
数あるグレードの中で代表的なものとして、ガソリンエンジン搭載車のグレードSは15.0km/LS-ハイブリッド車のグレードXで17.2km/Lそして、シリーズハイブリッド車となるe-powerでは26.2km/Lとなっています。
この数値は、実際に車に乗っている感覚と比較すると、ずいぶんといい燃費になっていると感じる人が多いと思います。

これらの燃費の計算方法はJC08モードといわれる方法で計測された結果で、ひと昔前の10・15モードに比べる少しマシなのですが、まだまだ、一般の走行条件での燃費、つまり実燃費と比べると差があるようです。

自動車製造メーカー団体である日本自動車工業会が出している冊子では、実燃費は全車平均でJC08モードの燃費に比べ2割以上は落ちてしまうようです。
ただ、2011年度以降に型式認定を受ける新車については、この方法での燃費計測が義務化されおり、この燃費が一般的になっています。

これらの燃費の計算は、実は車は計測する台の上でタイヤだけが回っている、という条件で計測されています。
もちろん、空気の抵抗については、補正をしています。

ちょっと前にあった、三菱自動車の燃費計測における不正はこの部分で発生していました。
そして、走っている(といっても、タイヤが回っているだけですが)距離は、10・15モードの場合では4kmちょっと、JC08モードでも8kmちょっとです。
時間では、10・15モードで11分、JC08モードで20分くらい、と実際の走る環境とはだいぶ違っています。
このため、実際の燃費とはかけ離れた燃費の数値が出てきているということのようです。
車を購入する際の一つの目安にはなるけれど、最終的には実際に乗ってみるまで分からないのが燃費と言えるでしょう。



Sponserd Links

日産・セレナの実燃費の燃費確認をしよう


[random_serena_jpg]
セレナのカタログ上の燃費に関しては先にご紹介した通りです。

けれども、街乗りが主な場合はどうしても実燃費は悪くなってしまいますよね。
特にセレナのようなミニバンは実燃費はカタログよりも少なくなりがちです。

ここでは街乗りや遠出をした場合など、実際のオーナーさんや試乗した方の声をまとめました。

あなたがセレナの購入を考えている場合、この実燃費情報をご参考に、よく考えて下さいね。

では、実際に運転した結果はどうなのでしょうか?ここでは、日産・セレナの実燃費を見てみます。

まず、ガソリンエンジン車の代表としてSグレードについてみてみます。
セレナには運転席の7インチモニターに燃費が表示されています。
この数値をベースに、実燃費の比較をしてみました。

公平を期すためにある程度の距離は必要と考え、その距離を400km以上としてその燃費を調べてみました。
ちなみにJC08モードの燃費の計測は、8.172kmの走行をした場合の燃費になるので、これに比べるとずいぶんと普通の乗り方になるので実燃費に近いと思います。

ガソリンエンジン車の代表のSグレードですが、400km以上の走行での燃費は9.1km/lでした。
ちなみに、この数値から使ったガソリンの量を計算すると、およそ45lです。
つまり、ガソリンを満タンにして次の給油までに走る距離がだいたい400kmくらい、ということになります。
ミニバンの一般的な燃費といったところでしょう。



続いて、S-ハイブリッドを搭載したXグレードです。
Sグレードのときと同様に、それなりの距離を走ったところで比較してみましょう。

400km以上でみると11.1km/lでした。
さすがにハイブリッド車です。
先のSグレードに比べると2km/l、燃費が向上しています。
この差だと、ガソリンを満タンにして走る距離で比較するとおよそ100kmの差になります。
この差は大きいですね。

ただ、同じクラスの他のメーカーのハイブリッド車と比べると、この実燃費、ちょっとがっかりの数字です。
セレナの場合のS-ハイブリッドは、いわゆるフルハイブリッドとは異なる、言ってみれば簡易的なハイブリッド車、となっています。
実燃費よりも車内の空間だったり、シートアレンジの多様さなどを大事にした結果なのかもしれません。



最後に、2018年度から発売されたセレナの新しいパワートレインを搭載したセレナe-powerはどうでしょうか?
この車についても400km以上の走行時で比較してみましょう。

セレナe-powerの場合は、その実燃費は16.7km/lでした。
さすがにハイブリッド車になると実際の燃費もだいぶ良くなってきていますね。
単純なガソリン車だったSグレードからはだいぶ改良されているのが分かります。

同様にガソリン満タン時に走るであろう距離を簡単に計算してみると、およそ750kmです。
ここまでくるとだいぶ余裕をもってドライブすることができます。
セレナのe-powerはトヨタやホンダの出しているハイブリッド車とはちょっと異なり、エンジンの動力は発電のみに使用し、車を動かすために使うのはモーターの動力だけ、というものです。

簡単に言ってしまうと、バッテリーがほとんどない電気自動車みたいなもの、でしょうか。
ただ、エンジンを積んで、モーターを積んで、というハイブリッド車にしてはこのe-powerのパワートレインは構造がシンプルになるでしょう。
そういった部分も燃費には貢献しているのかもしれません。



Sponserd Links

日産・セレナの燃費向上方法は?


[random_serena_jpg]
ミニバンはやっぱり車高が高い他、車種によっては
小回り性能に違いがあったりしますよね。

ここではセレナの燃費向上方法に関してまとめていきます。

基本的にどのような車であっても燃費向上方法は
共通する部分もあります。
少しでも燃費を良くするための豆知識としてご参考ください。

日産・セレナについて、カタログの燃費と実際に使用した場合の燃費を比較してみました。
ガソリンの値段が高くなってきている今日このごろですから、できるだけ燃費よく走りたい、ということで、どうしたらセレナを燃費よく走らせることができるか、について考えてみましょう。

まずどんな車にも言えることとして、急発進・急停車は燃費を悪化させます。
特にセレナのようなミニバンは車体が重いので、加速・減速にかかるエネルギーはかなり大きいものになります。

我が家ではセレナのe-powerに乗っているので、私も実際に急発進をするかどうかで燃費を比べてみたことがあります。
その時はやはり急発進をするとモニターに出てくる週間の燃費の数値がガクッと落ちてしまいました。

車の流れを乱すのは問題ですが、できる限りゆっくりスタート、ゆっくり止まるを心がけると、燃費にも出てくると思います。
それから、エアコンも燃費には効いてくる項目です。
今年の夏は特に暑かったですよね。

我が家の車もさすがに日中の暑い中、エアコンなしでは車に乗ることができませんでした。
その時の燃費をモニターしていると、いつもは16km/lから17km/lで走っている車が、エアコンをつけて走ると12km/l代にまで落ちてしまいました。
web上の燃費のサイトをいくつか見ても、夏の間は燃費が下がってしまう傾向がありますので、エアコンが燃費に悪い影響を及ぼしていることは間違いありません。

ただ、最近の夏のように、ここまで暑くなるとさすがにエアコンなしでは命に関わることが考えられます。
これについては、あきらめるしかありません。


また、日産・セレナのグレードのうちで、e-power以外の車種については、基本的にはガソリンエンジンで走行するため、普通に街乗りしているよりは、高速道路での走行時に燃費が良くなります。
これは比較的高速で走行しているとき、エンジンはかなり高回転数で動作しており、ガソリンエンジンはこのような高速回転の時に効率が高くなるためです。

もう一方のセレナ、e-powerについてはどうでしょうか?
上にも書きましたが、この車はエンジンの動力では、直接、車輪を回転させることはせず、実際にタイヤを回しているのはモーターです。
このため、エンジンは車載のバッテリーの残量が少なくなってくると回りだしてバッテリーに充電をし、ある程度たまると止まってしまいます。

さらに、エンジンはある程度効率がいい運転条件でしか回転しないようになっています。
一般的な走り方をしているうえで、効率がいい運転条件になっている、ということです。
このため、一般のガソリンエンジン車が得意とする高速道路の走行は、逆にちょっと苦手としています。

また、これは一般のガソリン車でも苦手なのですが、長い上り坂の時は燃費は落ちてしまいます。
ちなみに、我が家のセレナ・e-powerでは、街乗りでは17km/lくらいで走りますが、高速道路では13km/lくらいまで落ちてしまいます。

つまり、日産・セレナはユーザーの使用環境によってグレードを選んで購入する必要がある車のなのです。

郊外に住み、どこへ行くにも比較的高速で走行できる環境にある人はSグレードが効率的に乗ることができる車です。
また、もう少し都心に近くなり街乗りが増えてくると、S-ハイブリッドを搭載したXグレードまたはe-powerがいいでしょう。
さらに都心に近くなり、基本的には街乗り、という方にはe-powerがいいでしょう。

このように、ユーザーの使用環境に合わせてグレードを選択する、というのも珍しい選択の方法だと思います。

⇒あなたが欲しい車を値引き金額から更に〇万円安く購入する方法とは?


Sponserd Links

日産・セレナのカタログ上の燃費、実燃費情報まとめ


[random_matome_jpg]
今回は日産のミニバン・セレナの燃費、実燃費情報のほか、
燃費向上方法などをお届けしました。

やっぱりセレナを購入しようと考えると
実燃費がどれくらいになるのか気になりますよね。
燃費は維持費に直結する部分となるので尚更です。

カタログ上では良い燃費であっても、
実際のオーナーさんの声の方が信ぴょう性がありますよね。

日産のミニバン、セレナのご購入を検討中の方は
今回のまとめました情報を参考にしてよくお考えください。

燃費は車を購入する際に気にする大きなポイントです。
けれども実燃費は乗り方によっても結構変わったりもします。
安全に、燃費の良い運転を心がけるのも大事ですね。

ABOUT ME
トミー
トミー
車大好きトミーです。 車って運転するのも見るのも楽しいですよね! 趣味を通じて多くの方に良い情報をお届けしたいと思います。

関連記事